営業日カレンダー
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ペルシャ絨毯とは
ペルシャ絨毯は、イランがペルシャ王朝時代から織り継がれてきた、唯一無二の世界に誇る美術工芸品です
歴史
現存している最古の手織り絨毯として、アケメネス朝ペルシアで制作されたと見られる、古代文明パジリクで発見されたおよそ2500年前の絨毯がある。ペルシア絨毯の最初の記録は古代中国のもので、224年から651年のサーサーン朝ペルシア時代の記録である。7世紀にイスラム教圏となるまで、ペルシアでは様々な王朝が勃興、衰退を繰り返し、ペルシア絨毯にも多くの変化がもたらされたが、ペルシア絨毯の生産は途切れることなく続いていた。その後、13世紀のモンゴル帝国によるペルシア侵攻のためにペルシア絨毯は衰えていたが、イルハン朝ペルシア、ティムール朝ペルシアのもと、ペルシア絨毯は再び発展してくことになる。 ペルシア絨毯に使用される羊毛、絹、綿といった天然素材は、経年変化によって腐食し、朽ちてしまう。このため、考古学者たちの古代遺跡調査によっても、ペルシア絨毯に関する有益な発見がなされることは極めてまれである。古代からペルシアで手織りの絨毯が制作されていたことを示す証拠は、数点の磨りきれた絨毯の断片しか存在しない。このような断片からは、12世紀に全盛を迎えたセルジューク朝ペルシア以前のペルシア絨毯がどのような特徴を持っていたのかを判断することは、ほとんど不可能となっている。

素材は、主にウールとシルクです。
イランの乾燥した風土に生きる羊より採取できる羊毛は、草、食べ物や気候の影響で弾力性に富み強靭なウールです。
ペルシャ絨毯に用いられたウールは、引っ張られても強度があり、毛が寝てしまう事はない為、踏まれても長持ちします。
使い始めて半年ぐらいは、遊び毛が出る場合もありますが、切れ毛の心配はありません。 ウールには油分も含まれていますので、踏まれる毎に光沢が出て風合いを楽しめます。 シルクは、手触りの良さと光沢の良さがありますが、摩擦に弱くデリケートな素材ですので、人があまり出入りしない場所に置いて頂くと良いです。

シルクのペルシャ絨毯は、ウールより細かく織り上げられていますので、デザインが鮮明に見えるのが特徴です。
日本ではウールよりシルクの方が高級なイメージがありますが、コルクウール(生後8ヶ月から14ヶ月の子羊の毛を使用)という高級ウールも存在します。

ペルシャ絨毯は、産地で分類されます。
イランの国土は、猫が横たわっているように見えます。



産地の特徴は
Tabriz (タブリーズ)
タブリーズはイラン北西部標高1,360mに位置する高原都市で、17世紀以来最も主要な絨毯の生産地である。夏は涼しいが冬は寒く厚い雪で覆われてしまう厳しい気候であるが、古くから東西交通の重要な位置にありヨーロッパとの交易の要衝と言える。19世紀にはイラン商業の中心地としてタブリーズ商人の絨 毯産業における活躍ぶりは目を見張るものがある。輸出用の絨毯が中心で、タブリーズの織り手は男性で特別な鉤針を用いるため、力強く整然としたきれいな仕上りが特徴である。ヘラティ(マヒ)デザインやメダリオンデザインが中心で、素材は地糸に綿、パイルはウールで一部絹を用いたものがあり、トルコ結びを用 いている。また、絵画調の絨毯を最も得意とする工房がある。

Qom (コム)
首都テヘランより南西約160kmにあり、イスラム教シーア派の聖地です。絨毯の生産は歴史が浅く1930年半ばからカーシャンの指導で始められ、短期間で飛躍的な発展を遂げました。 この地は、絹の産地としても有名です。 近年は、シルク絨毯の製作に重点をおき、イスファハンやカーシャンのデザインを巧みに取り入れ、新しい創作柄にも意欲的に取り組んでいます。 また、パステルカラーを基調とした独特の色彩感覚のものが多くみられます。

Kashan (カーシャン)
中央ペルシャの都市カシャーンは、古くからの工芸の街として知られ、タイルや陶器、絹織物がつくられていました。サファヴィー朝当時につくられた教に伝わる名品絨毯も数多く、おおいに評価され、「カシャーンからやってきた人」という言葉が絶大な賛辞に値するという事からもうかがえます。しかし、現代のカシャーン絨毯は良品には属するものの、他の産地のような発展は見せず、伝統的な色使いと構図のものが、ただ作り続けられている感があります。デザインとしては、菱形メダリオンの伝統的なラチャク・トランジや全面アラベスクのアフシャーンなどが中心です。

Isfahan (イスファハン)
イラン中西部にあり、16世紀から17世紀にかけてサファビー王朝のもとで当時「世界の半分」とまで称されるほど繁栄しました。イマーム広場やアリカプ宮殿などがその栄華を偲ばせ、イラン随一の観光名所となっています。ウール絨毯を中心に製作され、セイラフィアン工房、ヘクマトネジャド工房、ハギギ工房などの有名工房があります。///タブリーズ///イラン北西部にあり、13世紀イルハン朝の首都となり、トルコ国境が近いことから古くからヨーロッパとの交易で栄えた。絨毯も100年ほど前から輸出用に製作されています。絨毯にもトルコの影響がみられ、織り方はトルコ結びで、その精密さには定評があります。

Nain (ナイン)
ナインはイスファハンに近いイラン中央部に位置するオアシスの町で、かつてはアバスと呼ばれる伝統衣服を製造していた。この産業はかつて西欧スタイルの衣服の流行により衰退し、織物職人はその技術を絨毯製作に切り換えた。当初から緻密な織りのラグを作り出しナインは世界に知られる絨毯産地となった。地色は アイボリー系が多くブルーやレッド、グリーンなどで細かい文様を描き、明るく落ち着いた色調を醸し出している。白い絹糸でモティーフの輪郭をとり文様を浮 かび上がらせる手法が特徴となっている。木綿の地糸に羊毛のパイルでペルシア結びを用いている。

Kerman (ケルマン)
イラン南東部砂漠地帯にある。長い間、他民族に領土を支配されました。19世紀には、手織りのショールが盛んに生産され、絨毯の柄にもその影響がみられます。特に19世紀後半からラバー村で織られた細かい花を一面に織り込んだヘザルゴル(一千の花)のデザインが有名です。

Shiraz(シラーズ)
イスファハンから南に約500km、イラン南部のファールス地方の都市で今は観光地として名高い。アケメネス朝の有名な遺跡‘ペルセポリス’や、詩人のハーフェズやサーディーの廟などがある。
イラン絨毯の織り方について
ペルシャ絨毯。それは清らかな水と限りない太陽の恵みに育まれた珠玉の結晶。神の名のもとにいく年の歳月と、いく百万もの結びに込められたペルシャの民の祈りと憧れ。
今、時代を越え、国境を越えて苛酷な歴史に磨きぬかれてきたペルシャ絨毯が私たちの居住空間に広がります。
息を呑むようなシルクの光沢、暖かなウールの感触。
伝統と文化が刻まれた独得のデザインと色彩、そしてその巧みな織り技術は、世界中の人々に偉大な世界の文化遺産として生きつづけ、さらに次の世代に引き継がれていくことでしょう。 Pars

ペルシャ絨毯は、伝統的にペルシアと呼ばれていた現在のイラン周辺で生産され続けている絨毯。ペルシア文化、芸術を代表する極めて優れた美術工芸品の一つで、その起源は紀元前の古代ペルシアにまで遡ることができる。床面の敷物だけでなく、壁飾りやテーブルクロスとしても用いられていた。 ペルシア絨毯は大きく三つに分類されている。6×4 フィート超の「カーリ (Qāli )」、6×4 フィート以下の「カーリシュ (Qālicheh )」、そして「ゲリーム (Gelim )として知られる遊牧民の絨毯である。ゲリームには粗織りの絨毯を意味する「ジル (Zilu)」と呼ばれる絨毯も含まれる[1]。
素材[編集]

手織り職人が使用する伝統的な道具。

ペルシア絨毯の素材としてもっとも多く使用されているのは羊毛だが、綿も多く用いられている。羊毛は、コルクウール、マンチェスターウール、キャメルウールなど、様々な品種の羊からとられたものが使用されている。絹は羊毛に比べて高価で耐久性に劣り、古くなるにつれて価値が落ちていくため、絹だけで織られた絨毯はそれほど一般的ではない。絹のペルシア絨毯は、その希少性と価値、そして耐久性の低さから、床の敷物ではなくタペストリのように壁飾りとして使用されることが多い。
デザイン[編集]
16世紀、17世紀のペルシア絨毯には多くのバリエーションがある。様々な地方で生産されていたことが多様なデザインを生み出すことにつながった。また、共通するモチーフとして、唐草文様アラベスク文様忍冬文様 (en:palmette)、円形文様、幾何学文様などは、多くの絨毯に採用されている。人物文様は、イラン国内で流通する絨毯には良く見られるモチーフだが、輸出される絨毯ではそれほど採用されてはいない。

産地ごと、あるいは家系ごとに様々なデザインが継承されており、それらの多くはシンプルで直線的な文様である。このような文様を絨毯に表現する際には、特別な下絵などを使用せずに職人の記憶や経験によって制作されることが多い。曲線で構成される複雑な文様の場合は、前もって用意された下絵のデザインと色調を絨毯のサイズに合わせて写し取っていく。伝統的なデザインも時代とともに少しずつ変化しており、現在では下絵を絨毯のサイズにあわせて縮小あるいは拡大するために、コンピュータが使用されている。

ページトップへ

Shopping Guide

ショッピングガイド

お支払いについて

銀行振込

※振込手数料はお客様のご負担となります。

代金引換払い

西濃運輸のでの代引き発送となります。
※ 代引き手数料:324円が別途加算されます。
※ 配送は西濃運輸でのお届けとなります。

クレジットカード

VISA/MASTER/DINERSがご利用頂けます。


配送について
配送は西濃運輸にてお届けいたします。
返品・交換について
ご注文した商品が違う、不良品だった場合には、返品送料は弊社が負担致します。 お手数ですが着払いにてお送りください。弊社へ商品到着後、交換又は返金いたします。 お客様側で商品を使用してしまった場合は返品・交換はできません。

会社概要

有限会社エイド

〒338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保977-2
営業時間:10:00〜19:00
TEL : 050-6863-0736
Mail:info@heriscarpet.shop